トップ

わきがの治療なら美容外科の名医に

PR:>美容外科の名医を探す

みなさんのなかにもわきがで悩んでいるかたがいるのではないでしょうか?
自分の体臭はなかなか気付きにくいといわれていますが、私の場合は中学生のころに気付きました。それは、私が近くにいくとクラスメイトの数人がくさいと言っている場面が何度かあり、その原因は自分のにおいであることが分かりました。その時を境にいつでも自分のにおいが気になって、人と話をしていても上の空になることもしばしばありました。

32歳になった今でもまわりの人にじろじろと見られたり、近くにいる友人が鼻に手をあてて咳払いをしていたりすることがあります。外出前には必ずシャワーを浴びたり、外出先ではこまめに制汗シートで脇を拭いたりしているのですが、こういうことが頻繁にあるので夏になると特に外に出るのも嫌になります。10代のころから続いているわきがの悩みは大人になっても続き、憂うつになっていました。

どうにかしてこのわきがを治す方法はないものかといろいろと調べてみたのですが、わきがはもともとの体質らしく、日本人の10人に1人はわきが体質だそうです。わきがの治療方法についても調べてみたところ、わきが治療には塗り薬、飲み薬、ボトックス注射、レーザー治療、切開手術などがあるらしいのですが、ずっと悩んでいた私としては根本的にわきがを治したいので、切開手術を選びました。

そして、わきが手術について実際に調べてみると、医師の腕によって手術の出来や効果が違うらしいということが分かってきました。もちろん、治療をするからにはきちんとした効果が出る手術をしてくれる名医を探したいと思いました。

手術以外の治療方法についても詳しく調べてみたのですが、においを抑える効果がある塩化アルミニウム液でできた制汗剤をティッシュなどにしみ込ませて脇に直接塗る方法は、わきがの症状が軽度の人向きのようです。また、抗コリン剤という種類の内服薬を服用する方法は保険の適用が認められている治療方法ですが、目が渇いたり尿の出が悪くなったりするといった副作用があるようなので、継続的な服用は難しいように感じました。

ボトックス注射は、脇にボツリヌス菌の毒を注射することで汗を出す時の伝達物質の分泌を抑えて汗の量を減らす効果があるようですが、あくまでも一時的な対処法とのことでした。ボツリヌス菌は、おもにエクリン腺の汗に働きかけるため、多汗症とワキガを併発している場合や不安や緊張などで出る汗に効果的で、手術をするまでもない中度のわきがの人にはいいのかもしれません。
ただ、ボトックス注射は汗の量を減らす効果がある反面、においを抑える作用がないようなので、わきがのにおいに悩んでいる私は選ぶことのできない方法です。

レーザー治療は、毛根ごと破壊して腋毛の脱毛も同時にできるのが魅力的ですが、においそのものがなくなることはないようです。また、毛がなくなった毛穴に皮脂や垢が溜まりやすくなり、それが酸化してにおいを発生することも珍しくないため、違う悩みを引き起こしてしまいそうです。

やはり、制汗剤の塗布や内服薬、ボトックス注射は手軽にできる反面、根本的な解決にはつながらないので、わきがが再発しない手術をしようと決心しました。切開手術をすることで、長年のわきがの悩みからやっと解放されます。

わきが手術は一般の医療機関でも受けることは可能ですが、ほかの患者と顔を合わせることはどうしても避けたいので、プライバシーの保護が約束された美容外科クリニックを選びました。美容外科クリニックなら丁寧なカウンセリングをしてくれ、いくつかのクリニックに行ってその中から信頼できる医師を選ぶことも可能です。

Copyright © 美容外科の名医にわきがを治してもらう All rights reserved